人気ブログランキング |

8月31日哀歌1-3章『最善の解決の糸口』

懸賞 2016年 08月 31日 懸賞

『最善の解決の糸口』

【3:22 私たちが滅びうせなかったのは、【主】の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。3:23 それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。3:24 【主】こそ、私の受ける分です」と私のたましいは言う。それゆえ、私は主を待ち望む。3:25 【主】はいつくしみ深い。主を待ち望む者、主を求めるたましいに。3:26 【主】の救いを黙って待つのは良い。3:27 人が、若い時に、くびきを負うのは良い。3:28 それを負わされたなら、ひとり黙ってすわっているがよい。
3:33 主は人の子らを、ただ苦しめ悩まそうとは、思っておられない。
3:39 生きている人間は、なぜつぶやくのか。自分自身の罪のためにか。】

①哀歌は、エレミヤ作と言われています。
エルサレムの滅亡を嘆いて歌ったものです。

②しかしエレミヤが記しているように、
そのような悲しみと痛みの中にあっても、主の慈しみは深いのです。
そして主は苦しみから「必ず助け出してくださるお方」なのです。

③ですから、どんな時も「主の身元に立ち返ること」が大切なのです。
苦しみが深い程、ますます「主を求める」のです。

なぜなら「主から離れて」他のものに助けを求めても、
所詮「まわり道」になるだけなのです。

・・・どんな時も「主に立ち返り」ましょう。
主につながり続けましょう。

そこにこそ「最善の解決の糸口」があるのです。YccFuji







20160831

by Happiness-eachday | 2016-08-31 05:33 | 2016年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23444880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月1日哀歌4-5章『主に本気...   8月30日エレミヤ49-52章... >>