人気ブログランキング |

8月4日イザヤ37-39章『主の救いの約束と、苦しみの意味』

懸賞 2016年 08月 04日 懸賞

『主の救いの約束と、苦しみの意味』

【37:30 あなたへのしるしは次のとおりである。ことしは、落ち穂から生えたものを食べ、二年目も、またそれから生えたものを食べ、三年目は、種を蒔いて刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べる。37:31 ユダの家ののがれて残った者は下に根を張り、上に実を結ぶ。37:32 エルサレムから、残りの者が出て来、シオンの山から、のがれた者が出て来るからである。万軍の【主】の熱心がこれをする。 37:33 それゆえ、アッシリヤの王について、【主】はこう仰せられる。彼はこの町に侵入しない。・・・】

①アッシリヤからの脅迫を受け、ヒゼキヤ王は主の前に切実に祈りました(37:1-)。
主はヒゼキヤ王の祈りに応え、
「アッシリヤ軍は引き戻される(29節)」と約束されたのです。

②しかし同時に、ユダの国の回復は3年かかると、
主は語られました。
そして回復までの期間は「下に根を張る時」であるとも、
主は語られたのです。

③主は「神を信じる者の祈りを聞き、守って下さる」お方です。
そして主は「苦しみの期間」を用いて
「祈りと信仰を深めること」をされるお方でもあるのです。

④苦しみには、「意味」があります。
すくにすべてが解決しないことにも「意味がある」と考えるべきなのです。

この聖書があなたに向けた言葉であるならば、
「あなたの祈りの成長」にとっては、
「苦しみが続くこと」が最善とも言えるのです。YccFuji








20160804

by Happiness-eachday | 2016-08-04 04:57 | 2016年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23373880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月5日イザヤ40-43章『恐...   8月3日イザヤ34-36章 『... >>