人気ブログランキング |

8月2日イザヤ31-33章『人により頼まないことと、回復の預言』

懸賞 2016年 08月 02日 懸賞

『人により頼まないことと、回復の預言』

【31:3 エジプト人は人間であって神ではなく、彼らの馬も、肉であって霊ではない。【主】が御手を伸ばすと、助ける者はつまずき、助けられる者は倒れて、みな共に滅び果てる。
32:15 しかし、ついには、上から霊が私たちに注がれ、荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。】

①人は、目に見える者にすがろうとします。
しかし人間により頼んでも、それは確実ではありません。
支えにならなくなる時が必ずやってくるのです。

ですから、一番大切なところは、
目に見える人間にすがらないようにしましょう。
それは偶像礼拝につながるからです。
(人間を一番に頼ることは偶像礼拝となり、聖書は避けるようにと命じています)

②今朝の聖書を通じても、
主は裁きの後に、回復を備えられていることが分かります。

主が働かれる時には、上から力が与えられ、
一瞬ですべてが変わるのです。

・・・現状をみて、悲観的な判断をしないようにしましょう。
それは羊の門(イエス様のお考え)以外の考え方です。

いつも「イエス様のお考えに近いもの」を選びましょう。
そうすれば、あなたは信仰を保つことができるのです。

そして・・・時が来ると、あなたは回復し、
主の準備した恵みと奇跡を受け取るのです。
これが聖書の約束なのです。YccFuji








20160802

by Happiness-eachday | 2016-08-02 05:21 | 2016年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23349113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月3日イザヤ34-36章 『...   8月1日イザヤ28-30章『祈... >>