人気ブログランキング |

7月23日イザヤ1-3章『主に喜ばれる信仰』

懸賞 2016年 07月 23日 懸賞

『主に喜ばれる信仰』

【1:12 あなたがたは、わたしに会いに出て来るが、だれが、わたしの庭を踏みつけよ、とあなたがたに求めたのか。1:13 もう、むなしいささげ物を携えて来るな。香の煙─それもわたしの忌みきらうもの。新月の祭りと安息日─会合の召集、不義と、きよめの集会、これにわたしは耐えられない。
1:16 洗え。身をきよめよ。わたしの前で、あなたがたの悪を取り除け。悪事を働くのをやめよ。1:17 善をなすことを習い、公正を求め、しいたげる者を正し、みなしごのために正しいさばきをなし、やもめのために弁護せよ。」1:18 「さあ、来たれ。論じ合おう」と【主】は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。」】

①イザヤは、一見正しいように見えても、
創造主の願いとは相反する信仰に対して、
主からの強烈な批判を伝えました。

安息日やきよめの集会であっても、
「儀式的に(形だけで)」行い、
主の願いとは全く関係ないことが、起こり得るからです。

②「身をきよめよ」と主は語られます。
しかし私たちはどうしたらよいかが分からないのです。

③私たちに与えられた「唯一のカギ」は、
「来たれ論じ合おう」と主が語られていることです。
人間の努力ややり方では、主の聖さには届かないのです。

ただ「主にお聞きして、助けて頂くこと」だけが、
私たちの「突破口」なのです。

主に祈り続ける中で「罪を悟り」「悔い改め」「聖めが起こる」のです。

・・・あなたは毎日、「主を求め祈って」いますか?
「主から教えられること」を願っていますか?

聖書信仰は、「明確な創造主との関係」の信仰です。
関係が深まれば、あなたの人生は変わり、
「聖め(変化)」が起こり、すべてが祝されていくのです。YccFuji







20160723

by Happiness-eachday | 2016-07-23 05:36 | 2016年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23325104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月24日イザヤ4-6章『主の...   7月22日雅歌5-8章『深く強... >>