人気ブログランキング |

7月6日詩編146‐150篇『主の栄光を体験する人』

懸賞 2016年 07月 06日 懸賞

『主の栄光を体験する人』

【146:5 幸いなことよ。ヤコブの神を助けとし、その神、【主】に望みを置く者は。146:6 主は天と地と海とその中のいっさいを造った方。とこしえまでも真実を守り、146:7 しいたげられる者のためにさばきを行い、飢えた者にパンを与える方。【主】は捕らわれ人を解放される。146:8 【主】は盲人の目をあけ、【主】はかがんでいる者を起こされる。【主】は正しい者を愛し、146:9 【主】は在留異国人を守り、みなしごとやもめをささえられる。しかし主は悪者の道を曲げられる。】

①私たちは一般的に、目に見えるもの、力あるものに助けを求めようとします。
しかし最も支えになるお方は、
ヤコブの神と表現される「創造主」なのです。

②このお方は、肉眼の目には見えません。
そしていつも一緒いないように感じるかもしれません。
しかしこの方こそ「創造主」であり、
私と私の周りの環境、すべてを支配しておられるお方なのです。

③このことをあなたは信じますか?
信じたいと思いますか?
もしそのような気持ちでいるなら、
あなたの信仰は「苦難の中にあって」強められるのです。

④今日の個所には
「虐げられている者」「飢えた者」「捕らわれ人」
「盲人」「在留外国人」「みなしごとやもめ」と言う言葉が記されています。
それはすなわち、主の栄光の前には
「苦しみが存在する」と言う事実なのです。

⑤信仰を持っていても、いなくても、
「苦しみ」は存在します。

しかし信者にとっての「苦しみ」は、
「神の栄光」を見るための「前段階」となるのです。YccFuji







20160706

by Happiness-eachday | 2016-07-06 04:59 | 2016年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23273719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月7日箴言1-3章『最も安全...   7月5日詩編141‐145篇『... >>