人気ブログランキング |

5月19日エステル記1-3章『現状を受け入れる力』

懸賞 2016年 05月 19日 懸賞

『現状を受け入れる力』

【2:1 この出来事の後、アハシュエロス王の憤りがおさまると、王は、ワシュティのこと、彼女のしたこと、また、彼女に対して決められたことを思い出した。2:2 そのとき、王に仕える若い者たちは言った。「王のために容姿の美しい未婚の娘たちを捜しましょう。2:3 王は、王国のすべての州に役人を任命し、容姿の美しい未婚の娘たちをみな、シュシャンの城の婦人部屋に集めさせ、・・・」】

①エステル記は、ユダヤ人がバビロン捕囚を受けていた時代、
ペルシャのアハシュエロス王の治世に起きた事実がまとめられたものです。

②王妃ワシュテイが、王の命令を守らずに王妃をはく奪されたこと。
ユダヤ人の娘であるエステルが新しい王妃として選ばれたこと。
ユダヤ人モルデガイが王暗殺を事前に防ぐことができたこと。
ユダヤ人の敵ハマンが、ユダヤ人の虐殺を計画したこと。
そして危機から助けられたこと。

③偶然のように思えることの中にも、
主の奇しい計画と導きがあったことを、私たちは知るのです。

④主は「歴史」を「支配しておられる」のです。
そのことは、「私たちの人生」も
「主は支配しておられる」ということでもあるのです。

⑤ですから「現状を受け入れましょう」。
「問題や苦しみ」を直視していきましょう。

主は、「信じて祈る者」を助け、
「最善の解決」を与えて下さるお方なのです。YccFuji








20160519

by Happiness-eachday | 2016-05-19 04:54 | 2016年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23154352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月20日エステル記4-6章『...   5月18日ネヘミヤ10-13章... >>