人気ブログランキング |

4月3日Ⅱサムエル16-18章『主にゆだねる信仰』

懸賞 2016年 04月 03日 懸賞

『主にゆだねる信仰』

【16:11 ダビデはアビシャイと彼のすべての家来たちに言った。「見よ。私の身から出た私の子さえ、私のいのちをねらっている。今、このベニヤミン人としては、なおさらのことだ。ほうっておきなさい。彼にのろわせなさい。【主】が彼に命じられたのだから。16:12 たぶん、【主】は私の心をご覧になり、【主】は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」】

①ダビデは、自分の子どもアブシャロムの謀反によって、
王位を追われ、逃亡生活をしなければならなくなりました。

その時「傷口に塩を塗られるような」シムイからの「のろいの言葉」を聞いたのです。

②ダビデの家来たちは「腹を立て」ましたが、
ダビデは「主の御手にゆだねる」と言って、シムイを打つことを止めたのです。

ダビデの信仰は、「主にゆだねる信仰」です。
それは主が「真実なお方である」ことに根差しています。

また同時に、
主にいつも「こころを注いて祈る」ことによって
「主は自分のこころを理解して下さっている」と知って
「冷静」でおれたのです。

・・・主との深い交わりを持っている人は、
簡単に「感情的」になりません。

主の深く祈っている人は、
「主の取り扱い」を受け、
「主にゆだねるよう」に変えられるのです。YccFuji







20160403

by Happiness-eachday | 2016-04-03 04:51 | 2016年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23033204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月4日Ⅱサムエル19-21章...   4月2日Ⅱサムエル13-15章... >>