3月28日Ⅰサムエル28-31章『限界の状況下で、どのような判断をするのか』

懸賞 2016年 03月 28日 懸賞

『限界の状況下で、どのような判断をするのか』

【30:7 ダビデが、アヒメレクの子、祭司エブヤタルに、「エポデを持って来なさい」と言ったので、エブヤタルはエポデをダビデのところに持って来た。30:8 ダビデは【主】に伺って言った。「あの略奪隊を追うべきでしょうか。追いつけるでしょうか。」するとお答えになった。「追え。必ず追いつくことができる。必ず救い出すことができる。」30:9 そこでダビデは六百人の部下とともに出て行き、ベソル川まで来た。残された者は、そこにとどまった。30:10 ダビデと四百人の者は追撃を続け、疲れきってベソル川を渡ることのできなかった二百人の者は、そこにとどまった。・・・】

①ダビデたちが、留まっていた地に戻ると、
アマレク人がその地を襲い、家族と財産を略奪したことが分かりました。

ダビデも、部下たちもショックを受け、
疲れと悲しみのため動揺したのです。

②ダビデは、「主に伺い」ました。
そして主からの力によって略奪隊に追いつき、
無事に「家族も財産」も取り戻すことが出来たのです。

主の助けを頂くと、難しい状況にあっても、
最善のことが起こることが分かります。

③もう一つのポイントは、
ダビデは奪い返したものを、
疲れ切って戦いに参加できなかった者たちと、
平等に分けたことです。

そしてダビデは、このことを、「今後の掟」として定めました。

・・・私たちもダビデを見習いましょう。
難しい時にも「主に伺い」主の力で前進しましょう。
そして与えられたものは「広い心」で分かち合いましょう。

ダビデの心を、主は喜ばれたのです。YccFuji







20160328
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-03-28 05:29 | 2016年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23016243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月29日Ⅱサムエル1-3章『...   3月27日Ⅰサムエル25-27... >>