人気ブログランキング | 話題のタグを見る

3月17日士師記19-21『健全なリーダーが立つ、大切さ』

懸賞 2016年 03月 17日 懸賞

『健全なリーダーが立つ、大切さ』

【21:24 こうして、イスラエル人は、そのとき、そこを去って、めいめい自分の部族と氏族のところに帰って行き、彼らはそこからめいめい自分の相続地へ出て行った。21:25 そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた。】

①士師記の最後の3章を読むと、
創造主を信じているはずの民の中に、
信じられないような罪が起きたことが分かります。

モラルの破壊、殺害、強奪結婚・・・
一連の記録の中に、神を敬う思想は出てきません。

②良い指導者がおらず、正しい政治がなされない国には、
このような悲劇が起きるのです。
(人々は自分の好きなことばかりをして、
それを取り締まるリーダーがいないのです。)

③国を治める「健全な指導者」がいることは非常に大切なことです。
そのため聖書は「上に立つ指導者のために祈りなさい」と勧めているのです(1テモテ2章)。

今年は日本では参議院選挙があり、
アメリカでは大統領選挙があります。
ヨーロッパもテロや移民問題で指導者が難しい選択を迫られています。

イエス様がマタイ24章で語られた「終末の時代」が
近づいているように感じられる時代です。

④私たちは人の目だけではなく、
人が見ていないところも見ておられる「創造主の視点」を持ち、
祈り続けることが大切です。

その祈りによって、
私たちが今の時代の中で「健全な価値観」を持ち、
「健全な指導者」を選ぶことが出来るからです。YccFuji








20160317

by Happiness-eachday | 2016-03-17 05:00 | 2016年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22983798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月18日ルツ記1-4章『信仰...   3月16日士師記16-18章『... >>