人気ブログランキング |

3月12日士師記4-6章『主の見ておられる姿に近づく』

懸賞 2016年 03月 12日 懸賞

『主の見ておられる姿に近づく』

【6:11 さて【主】の使いが来て、アビエゼル人ヨアシュに属するオフラにある樫の木の下にすわった。このとき、ヨアシュの子ギデオンはミデヤン人からのがれて、酒ぶねの中で小麦を打っていた。6:12 【主】の使いが彼に現れて言った。「勇士よ。【主】があなたといっしょにおられる。」6:13 ギデオンはその御使いに言った。「ああ、主よ。もし【主】が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか。私たちの先祖たちが、『【主】は私たちをエジプトから上らせたではないか』と言って、私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。」
6:14 すると、【主】は彼に向かって仰せられた。「あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。わたしがあなたを遣わすのではないか。」6:15 ギデオンは言った。「ああ、主よ。私にどのようにしてイスラエルを救うことができましょう。ご存じのように、私の分団はマナセのうちで最も弱く、私は父の家で一番若いのです。」】

①イスラエルの民は、ミデアン人から苦しめられていました。
そんな中、
若いギデンオンは恐れ、隠れて小麦を打っていました。

②その時、主の使いが現れ、
ギデオンに「勇士よ」と語られたのです。

③この後のギデオンは、大勇士としてミデアン人を打ち、
偉大な仕事をしたことが聖書に書かれています。

④私たちの「今の自分のイメージ」と
「主の見ておられる姿」は違っていることを知りましょう。

私たちが「自分自身に限界」を感じていても、
「主はそのようには見ておられない」のです。

・・・自分の今の考え方を「信じすぎないように」しましょう。
「主が見ておられる」あなたへのイメージを受け取りましょう。

私たちが「主の考えに同意する」ならば、
その信仰によって、

主はわたしの「否定的な考えを癒し」、「勇気と力を強める」のです。YccFuji









20160312

by Happiness-eachday | 2016-03-12 05:19 | 2016年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22968727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月13日士師記7-9章『少人...   3月11日士師記1-3章『とり... >>