人気ブログランキング |

3月10日ヨシュア記22-24章『確信をもって、信仰の恵みを伝える』

懸賞 2016年 03月 10日 懸賞

『確信をもって、信仰の恵みを伝える』

【24:14 今、あなたがたは【主】を恐れ、誠実と真実をもって主に仕えなさい。あなたがたの先祖たちが川の向こう、およびエジプトで仕えた神々を除き去り、【主】に仕えなさい。24:15 もしも【主】に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうにいたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、きょう選ぶがよい。私と私の家とは、【主】に仕える。」】

①ヨシュアは、自分の死ぬ最後の時に、
この言葉で「民の信仰」を確認しました。

彼は、モーセの信仰を学び、
生涯、創造主に仕えました。
そして「主を信じ従う者の祝福」を体験したのです。

ですから「自分と家族は主に仕える」と宣言し、
民の信仰を促したのです。

②創造主の助けを受け、その恵みを体験した者は、
信仰の言葉を「確信をもって」語ることが出来ます。

・・・信仰は「毎日の積み重ね」です。
あなたも毎日「主から助けて頂く中」で、
「主を信じる者に与えられる助け」を、「確信をもって」伝えることが出来るのです。YccFuji






20160310

by Happiness-eachday | 2016-03-10 05:17 | 2016年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22963532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月11日士師記1-3章『とり...   3月9日ヨシュア記19-21章... >>