人気ブログランキング |

12月23日1ヨハネ1-5章『重たい荷物(罪)を捨て続ける、恵みの人生』

懸賞 2015年 12月 23日 懸賞

『重たい荷物(罪)を捨て続ける、恵みの人生』

【1:5 神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない。これが、私たちがキリストから聞いて、あなたがたに伝える知らせです。1:6 もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行ってはいません。
1:7 しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。1:8 もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。1:9 もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。】

①イエス様は、人として生まれ、
家畜小屋で誕生して下さいました。

これはシンボルです。

私たちの心が、どれ程汚れていたとしても、
イエス様は「私たちの心の中」に住んでくださるのです。

それによって、
「心の聖め」が与えられるからです。

②イエス様が「心に住んでくださる」と、
私たちの心に「光」が照らされ、
「罪(心の汚れ)が明らか」になります。

③その時がチャンスです。
その汚れ(ズレ)を見過ごすことなく、
素早く「罪として告白」するのです。

そうすれば、
イエス様の「尊い血」によって、
どんな罪も聖められるからです。

・・・いつも光であるイエス様を「心に迎え続けて」生きましょう。

そのような人は、毎日が「聖めの連続」です。
それは「重たい荷物(罪)を捨て続ける、恵みの人生」なのです。
YccFuji









20151223

by Happiness-eachday | 2015-12-23 05:28 | 2015年10月‐12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22692665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月24日2ヨハネ~ユダの手...   12月22日2ペテロ1-3章『... >>