人気ブログランキング |

12月18日へブル7-9章『終末の時代に心がけること』

懸賞 2015年 12月 18日 懸賞

『終末の時代に心がけること』

【9:27 そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、9:28 キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。】

①私たち人間は、「いつかは死」にます。
そして地上の生活を終えて、
死後の世界(永遠の世界)に入るのです。

②この世界は創造主が造られ、
善悪の基準が定められています。

そして、私たちは、死んだ後、
創造主の判断によって、行く場所が決まります。
私たち人間の「自己判断」では、ないことを覚えなければなりません。

③死後に「主の裁きの時」があるのです。
それによって『天国』か『そうでない場所』に行くかが決まるのです。

④イエス様が十字架に架かって下さったお陰で、
「信じるだけ」で罪が赦され
「確実に天国に入れる道」が備えられました。
そして世の終わりの前に、
イエス様は「もう一度やってこられる(再臨される)」のです。

・・・聖書の教えをもう一度整理しましょう。
そして信じなければいけないポイントを明確にしましょう。

十字架と復活、そして再臨は「聖書が教える事実」です。
そして、これからそのすべてを理解できる時代
(終末の時代:マタイ24章)
がやってくるのです。YccFuji







20151218

by Happiness-eachday | 2015-12-18 05:19 | 2015年10月‐12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22672421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月19日へブル10-13章...   12月17日へブル4-6章『安... >>