人気ブログランキング |

12月17日へブル4-6章『安息を受け取る』

懸賞 2015年 12月 17日 懸賞

『安息を受け取る』

【4:1 こういうわけで、神の安息に入るための約束はまだ残っているのですから、あなたがたのうちのひとりでも、万が一にもこれに入れないようなことのないように、私たちは恐れる心を持とうではありませんか。4:2 福音を説き聞かされていることは、私たちも彼らと同じなのです。ところが、その聞いたみことばも、彼らには益になりませんでした。みことばが、それを聞いた人たちに、信仰によって、結びつけられなかったからです。4:3 信じた私たちは安息に入るのです。・・・
4:11 ですから、私たちは、この安息に入るよう力を尽くして努め、あの不従順の例にならって落後する者が、ひとりもいないようにしようではありませんか。】

①へブルの記者は、
み言葉を聞いても「信仰によって結び付けられない」と益とならないと、語りました。

②知識でいくら知っていても、
単なる知識だけでは、安息を得られないのです。

③イエス様を信じることができることは、
「神の選びであり」「恵み」です。

しかし選ばれた者も
「落伍することがないように」努力することを、勧められているのです。

・・・主の選びの中にいる人は、
「落伍しなければ(あきらめなければ)」、
必ず「主が与えようとされているもの」を受け取ることができます。

あきらめは禁物です。
そのために祈り励ましあって「救いの道」を達成しましょう。

「イエス様が苦しまれ」「十字架の犠牲」を支払われたのは、
私たちがそれらを得る為なのですから。YccFuji











20151217

by Happiness-eachday | 2015-12-17 05:46 | 2015年10月‐12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22668061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月18日へブル7-9章『終...   12月16日へブル1-3章『人... >>