人気ブログランキング |

12月6日エペソ4-6章『一つになる』

懸賞 2015年 12月 06日 懸賞

『一つになる』

【4:1 さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。4:2 謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、4:3 平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。4:4 からだは一つ、御霊は一つです。あなたがたが召されたとき、召しのもたらした望みが一つであったのと同じです。】

①使徒パウロは、
キリストの願いが「一つになること」であると知っていました。

そしてクリスチャンの成長は、
個人で成長するのではなく、
「組み合わされて、結び合わされて(4:16)」成長していくと
パウロは理解したのです。

②一つになるには「愛が必要」です。
そして相手を愛するには
「相手を理解する能力」
「違いを受け入れる心」が必要です。

愛とは単純なものではありません。
「一つになるため」のあらゆる要素が込められているのです。

③あなたは、「一つになる」という命令に、
「どのように応答」していますか。

自分の出来る範囲で努力することも大事ですが、
もっと大事なことは
「主の願いを聞き」
「助けを求めること」です。

「自分の力」には限界があります。
しかし主があなたを助けて下さるならば、
「限界を超えて」一つになれるのです。YccFuji







20151206

by Happiness-eachday | 2015-12-06 05:37 | 2015年10月‐12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22616853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月7日ピリピ1-5章『へり...   12月5日エペソ1-3章『あな... >>