人気ブログランキング |

12月2日2コリント10-13章『弱さは、必要』

懸賞 2015年 12月 02日 懸賞

『弱さは、必要』

【12:9 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。12:10 ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。・・・】

①パウロは、自分は肉体にとげが与えられている(12:7)と語りました。
その理由は「日々弱さを自覚するため」だというのです。

②通常の人間の価値観は、「強いほうが優れている」です。
この世はその価値観で評価されることがほとんどです。
弱さを自慢する人は一人もいません。

③しかし「キリストとの関係」にあっては、
「弱さは宝もの」なのです。
なぜなら、弱さを持つことで「強くキリストに近づく」からです。

④「自分が強い(できる)」と思っているうちには、
「キリストの元に行くことはない」のです。
口で「へり下っています」「キリストが必要です」と言っていても、
「自分に自信を持っている時」には、キリストの元にはいかないのです。
(自分でやろうとします)

・・・自分の弱さを認めましょう。
そしてキリストに助けを求めましょう。

実は誰もが弱さを持っています。
そしてその弱さは
「神の助けを求める為」に用いられるのです。YccFuji










20151202

by Happiness-eachday | 2015-12-02 05:16 | 2015年10月‐12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22595347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月3日ガラテヤ1-3章『イ...   12月1日2コリント7-9章『... >>