人気ブログランキング |

11月15日使徒16-18章『主と共に歩む道』

懸賞 2015年 11月 15日 懸賞

『主と共に歩む道』

【18:9 ある夜、主は幻によってパウロに、「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。18:10 わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから」と言われた。18:11 そこでパウロは、一年半ここに腰を据えて、彼らの間で神のことばを教え続けた。】

①パウロは御霊に導かれて、
イエス様を伝えるための伝道旅行に出発し、コリントの町に到着しました。
そこで「恐れないで、語り続けなさい」と主の言葉を頂き
「この町にはわたしの民がたくさんいるから」と約束されたのです。

パウロはその言葉に応答して、
コリントで「主を証し」し続けました。

②主はパウロの心をご存知でした。
人間は「迷い」が生じる時があります。
これが「自分の思い」なのか「創造主の願い」なのかを考えさせられる時が来るのです。
また今後のことを考えて恐怖を感じる時もあるのです。

そんな時、「主に祈っている」と主は語り掛けて下さるのです。

③私たちがイエス様のことを証するのは、
自己達成や自己満足ではありません。

純粋に「神の選ばれた者」に
「イエスキリストの十字架の恵み」をそのまま語る行為なのです。

それは押しつけでもなく、無理やりでもありません。
「求めている方」にその答えを語るだけなのです。

・・・主と祈りの中で、交わり、主の願いを確認しましょう。
そして「これが主の願い」だと分かったならば、
臆することなく、大胆に主の願いを実行しましょう。

クリスチャンは時に「地域や親族の中」で、
一番最初に「主に従うもの」として立たされることがあるのです。

しかし「主が導かれ」、
「共にいて下さる道」を歩むならば、心配はいらないのです。YccFuji








20151115

by Happiness-eachday | 2015-11-15 05:49 | 2015年10月‐12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22507360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月16日使徒19-21章『...   11月14日使徒13-15章『... >>