人気ブログランキング |

11月14日使徒13-15章『聖霊に導かれたところを進む』

懸賞 2015年 11月 14日 懸賞

『聖霊に導かれたところを進む』

【13:1 さて、アンテオケには、そこにある教会に、バルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、クレネ人ルキオ、国主ヘロデの乳兄弟マナエン、サウロなどという預言者や教師がいた。13:2 彼らが主を礼拝し、断食をしていると、聖霊が、「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、わたしが召した任務につかせなさい」と言われた。13:3 そこで彼らは、断食と祈りをして、ふたりの上に手を置いてから、送り出した。・・・】

①アンティオケの教会では、多くの教師たちがいましたが、
聖霊は「バルナバとサウロ」を遣わすようにと語られたのです。
その「語りかけ」に応答する中で、
主の宣教の計画が進んでいったのです。

②私たちの教会は、教団の計画の中で始まりました。
私たち夫婦が1999年に任命され、
遣わされました。

全くの知り合いの無い中から、教会がスタートしました。
借家を借り、地域にチラシを配り、
大学まで行ってチラシを配ることもしました。

最初は二人だけの礼拝でしたが、
3年目に新しい場所に移動し、
4年目には現在の会堂を収得しました。

暗闇の中を進むような状況が何度も続きましたが、
しかし「主の導き」は無くならなかったのです。

③神の霊(聖霊)は、聖書の時代だけではなく、
現在も働いておられます。
その導きがあるので、私たちは「導きに従う」ことができるのです。

・・・聖霊の導きに従いましょう。
その先には「思いもしないような素晴らしい計画」が待っているのです。YccFuji










20151114

by Happiness-eachday | 2015-11-14 05:10 | 2015年10月‐12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22503686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月15日使徒16-18章『...   11月13日使徒10-12章『... >>