人気ブログランキング |

9月22日ダニエル10-12章『天国と永遠の滅びの分岐点』

懸賞 2015年 09月 22日 懸賞

『天国と永遠の滅びの分岐点』

【12:1 その時、あなたの国の人々を守る大いなる君、ミカエルが立ち上がる。国が始まって以来、その時まで、かつてなかったほどの苦難の時が来る。しかし、その時、あなたの民で、あの書にしるされている者はすべて救われる。12:2 地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者が目をさます。ある者は永遠のいのちに、ある者はそしりと永遠の忌みに。・・・】

①ダニエル書12章にも、
終わりの時の救いと裁きについて預言されています。

この内容は、新約聖書の黙示録と同じものです。

②裁きの時(終わりの時)、
「命の書」に名が記されている者は、
天国に入ることができ、
そうでない者は、裁きに入れられるのです。

③新約聖書を通じて私たちがはっきりと知ることができるのは、
「救い主イエスキリスト」を信じる者は、
罪赦され、
「命の書」に名が記されるのです。

歴史が待ち望んだ救い主が、イエスキリストなのです。

・・・あなたはイエス様を、
「自分の救い主」として信じていますか?

このことは非常に重要なことです。
それによって、「人生の評価」が決まり、
永遠の命(天国)に入れるかどうかが決まるからです。YccFuji








20150922

by Happiness-eachday | 2015-09-22 05:03 | 2015年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/22192413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月23日ホセア1-3章『主を...   9月21日ダニエル7-9章『主... >>