人気ブログランキング |

7月23日雅歌5-8章『深く強い、イエス様との愛の交わり』

懸賞 2015年 07月 23日 懸賞

『深く強い、イエス様との愛の交わり』

【5:10 私の愛する方は、輝いて、赤く、万人よりすぐれ、5:11 その頭は純金です。髪の毛はなつめやしの枝で、烏のように黒く、5:12 その目は、乳で洗われ、池のほとりで休み、水の流れのほとりにいる鳩のようです。5:13 その頬は、良いかおりを放つ香料の花壇のよう。くちびるは没薬の液をしたたらせるゆりの花。5:14 その腕は、タルシシュの宝石をはめ込んだ金の棒。からだは、サファイヤでおおった象牙の細工。5:15 その足は、純金の台座に据えられた大理石の柱。その姿はレバノンのよう。杉のようにすばらしい。5:16 そのことばは甘いぶどう酒。あの方のすべてがいとしい。エルサレムの娘たち。これが私の愛する方、これが私の連れ合いです。】

①雅歌は、昨日書いたように、
歌の中の歌、すなわち最上の歌と言うのが本来の意味です。
そして男女の愛を通じて、
キリストと教会の愛の関係について記しています。

②今日の箇所は、
花嫁が「花婿の素晴らしさ」を語っているところです。

このことは、
私たちが「イエス様の素晴らしさを」をどれ程、
感じているかにつながります。

③「私のイエス様」は、輝いており、
堂々としておられます。
頭は、純金のように気高いお方です。
頬の香りも、くちびるも、腕も、足も、すべてが素晴らしく、
私を愛で包んでくださっています。

私はこの方のものなのです(7:10)。

・・・あなたはこの男女の愛よりも深い
「イエス様との愛」を楽しんでいますか?

イエス様が「十字架で命を捨てて下さった、私への愛」は、
表現は男女の愛ですが、
7章に書かれている愛と同じなのです。

その愛を感じる程に
「あなたのイエス様への愛」は、
5:10-16のように深く強いものとなるのです。YccFuji








20150723

by Happiness-eachday | 2015-07-23 04:58 | 2015年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21967803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月24日イザヤ1-3章『主に...   7月22日雅歌1-4章『イエス... >>