人気ブログランキング |

6月19日詩編66-70篇『主との関係が深まる方法』

懸賞 2015年 06月 19日 懸賞

『主との関係が深まる方法』

【66:13 私は全焼のいけにえを携えて、あなたの家に行き、私の誓いを果たします。66:14 それは、私の苦しみのときに、私のくちびるが言ったもの、私の口が申し上げた誓いです。66:15 私はあなたに肥えた獣の全焼のいけにえを、雄羊のいけにえの煙とともにささげます。雄牛を雄やぎといっしょに、ささげます。
66:18 もしも私の心にいだく不義があるなら、主は聞き入れてくださらない。】

①多くの人は、
「苦しみの時だけ」主に助けを求め、
苦しみが終わると「主を忘れてしまい」ます。
そして約束したことさえも「忘れてしまう」のです。

しかしこの作者は、
「苦しみの中で主に誓った言葉」を忘れませんでした。
主の前で「誓いを果たします」と再度語ったのです。

②創造主は「御人格」を持っておられます。
喜ばれることがあり、
悲しまれることがあるのです。

ですからその「主」と、「交流」をさせて頂く私たちは、
その方の「喜ばれること」をし続けることが大切なのです。

これは普通の人間関係と同じです。
相手を無視し続けるならば、
良い関係は持つことができないのです。

・・・あなたは「創造主(父なる神・イエス様・聖霊)」を信じていますか?
もし信じているならば、「創造主に喜ばれること」を考えていますか?

あなたがもし「人格を持ったお方」である主を信じているならば、
自然に「主に喜ばれたい」と考えて生きるようになるのです。

なぜなら「命」も「救い」も「愛」も、
私たちは返せないほどの恵みを頂いているのですから・・・、

そのことを単純に認識するならば、
「主に喜ばれること」を考えて生きるようになる筈なのです。YccFuji








20150619

by Happiness-eachday | 2015-06-19 05:17 | 2015年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21886685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月20日詩編71-74篇『次...   6月18日詩編61-65篇『主... >>