人気ブログランキング |

6月11日詩編30-33篇『主に近づく方法』

懸賞 2015年 06月 11日 懸賞

『主に近づく方法』

【32:5 私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を【主】に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。32:6 それゆえ、聖徒は、みな、あなたに祈ります。あなたにお会いできる間に。まことに、大水の濁流も、彼の所に届きません。32:7 あなたは私の隠れ場。あなたは苦しみから私を守り、救いの歓声で、私を取り囲まれます。
32:8 わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。32:9 あなたがたは、悟りのない馬や騾馬のようであってはならない。】

①この詩もダビデの詩です。
詩編25篇でもそうでしたが、
ダビデは主を求める時に、同時に「悔い改め」をしています。

なぜなら主を求め主に近づこうとする時に、
どうしても「自分の罪を認める」ようになり、
悔い改めによって「聖め」を頂かなければ、主に近づけなくなるからです。

②これは「自分の本音を祈る時」に初めて分かることです。
(建前では「自分に罪がないふり」ができてしまうのです)。

③主に近づこうとする時のもう一つの重要なことは
「主に語って頂く事」です。

主が教えて下されなければ、主の道を歩めません。
(そうでなければ「自分で勝手に主の道を決めて」しまうからです)。

③あなたはダビデのように「深い主との交わり」をしたいですか。

そうであれば、
「主を切実に求め」、
「悔い改めて」、
「主に語って頂くこと」を強く願いましょう。

そうすれば、少しずつでも
「主の山(交わり)の高嶺」に、
あなたも近づくことができるのです。YccFuji








20150611

by Happiness-eachday | 2015-06-11 05:10 | 2015年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21867176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月11日詩編34-37篇『一...   6月10日詩編26-29章『祝... >>