人気ブログランキング |

6月1日ヨブ記32-35章『人を神に近づける言葉』

懸賞 2015年 06月 01日 懸賞

『人を神に近づける言葉』

【32:1 この三人の者はヨブに答えるのをやめた。それはヨブが自分は正しいと思っていたからである。32:2 すると、ラム族のブズ人、バラクエルの子エリフが怒りを燃やした。彼がヨブに向かって怒りを燃やしたのは、ヨブが神よりもむしろ自分自身を義としたからである。・・・
33:1 そこでヨブよ。どうか、私の言い分を聞いてほしい。私のすべてのことばに耳を傾けてほしい。
34:16 あなたに悟りがあるなら、これを聞け。私の話す声に耳を傾けよ。
34:18 人が王に向かって、「よこしまな者」と言い、高貴な人に向かって、「悪者」と言えるだろうか。
34:33 あなたが反対するからといって、神はあなたの願うとおりに報復なさるだろうか。私ではなく、あなたが選ぶがよい。あなたの知っていることを言うがよい。
・・・ 35:16 ヨブはいたずらに口を大きく開き、知識もなく、自分の言い分を述べたてる。】

①年少者のエリフは、
ヨブの3人友人たちに遠慮をして、議論に加わりませんでした。
しかし友人たちが、ヨブを説得できない様子を見て、
聖なる義憤によって、真心からヨブに語ったのです。

②エリフは、
3人友人たちにように、一方的に決めつけませんでした。
ヨブと会話を求め、
ヨブ自身に判断するように促したのです。

③私たちがエルフのような友人になるためには、
相手のことをしっかりと観察し、タイミングを考えて(自制をして)発言する必要があります。

「自分の一方的な考え」や「感情的な感想」では、人は納得しないのです。
(「それはあなたの考えではないですか。わたしには当てはまりません」と言われるだけです)

③またエリフは神を愛していました。
その神への思い(愛情)から、
ヨブに「あなたはあなたを造られた創造主にそのようなことが言えるのですか?」
と訴えたのです。

④またエリフは知識で議論をしているようでも、
「ヨブの心」に訴え、言葉を発したのです。

⑤私たちは、良く考えずに話をすると、
「ヨブの3人の友人」のような
、的はずれな(間違った)言葉になってしまいます。

・・・エリフを学びましょう。
このような態度と発言が、「人を神に近づけること」になるのです。YccFuji









20150601

by Happiness-eachday | 2015-06-01 05:07 | 2015年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21841599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月2日ヨブ記36-39章『神...   5月31日ヨブ記28-31章『... >>