人気ブログランキング |

5月24日ヨブ記4-6章『人間の慰めの限界』

懸賞 2015年 05月 24日 懸賞

『人間の慰めの限界』

【6:14 落胆している者には、その友から友情を。さもないと、彼は全能者への恐れを捨てるだろう。
6:15 私の兄弟たちは川のように裏切った。流れている川筋の流れのように。・・・】

①ヨブは、罪がないのに
「悪魔の攻撃によって」財産と子供たちを失い、
酷い病気にもなりました。

ヨブはこの苦しみの理由が分からずに、
主に訴えたのです。

②この「うめきの言葉」を
ヨブの友、エリファズは「不信仰」と理解し、
ヨブを「聖書の教理」によって徹底的に批判したのです。

「あなたは罪を犯した、だから苦しんでいるのだ」と。

しかしこれは明らかに「的はずれ」であり
間違っていました。

ヨブにとって必要だったものは、
ヨブ自身が語っているように
「友情」だったのです。

③残念ながら、
人間は相手の心を「本当に正しく理解」することはできません。
ですから「誤解」が起こり、
「傷つけられる不幸」が起きるのです。

④しかし感謝なことは、
真の友でもある「イエス様」は私たちの心を正しく理解し、
受け入れ、愛して下さるお方なのです。

私たちは「イエス様に慰められること」こそが
最も深い慰めとなるのです。

・・・祈りの中で「主にお出会い」しましょう。

ヨブと同じように「苦しみの真の解決」は
「主と出会うこと」なのです。
これ以外(人間の慰め)は、補足的なものです。YccFuji







20150524

by Happiness-eachday | 2015-05-24 05:39 | 2015年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21811549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月25日ヨブ記7-9章『仲介...   5月23日ヨブ記1-3章『苦し... >>