人気ブログランキング |

5月9日Ⅱ歴代誌25-27章『主を求めることが先か、問題解決が先か』

懸賞 2015年 05月 09日 懸賞

『主を求めることが先か、問題解決が先か』

【25:7 神の人が彼のもとに来て言った。「王よ。イスラエルの軍勢をあなたとともに行かせてはなりません。【主】は、イスラエル、すなわち、すべてのエフライム族とは、共におられないからです。25:8 それでも、あなたが行くと言われるのなら、そうしなさい。雄々しく戦いなさい。神は敵の前にあなたをつまずかせられます。神には、助ける力があり、つまずかせる力もあるからです。」25:9 アマツヤは神の人に言った。「では、イスラエルの軍勢に与えた百タラントはどうしたらよいのか。」神の人は答えた。「【主】はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。」25:10 そこで、アマツヤは、エフライムから彼のもとに来た軍隊を取り分けて、彼らの所に帰したので、彼らはユダに向かって怒りを激しく燃やし、怒りに燃えながら、自分たちのところへ帰った。】

①アマツヤ王は、主の目にかなうことを行いましたが、
表面的一時的な応答でした。
しかしこの場所では、アマツヤは主の言葉を聞き勝利を得た記事が、描かれています。

②アマツヤは銀百タラントで、北イスラエルの傭兵を雇いました。
しかし主は「それは主の願いではない」と言われたのです。

アマツヤはお金を惜しみましたが
「それ以上の多くのものを与えられる」と言われ、
納得して傭兵を返したのです。

③どんな動機であっても「主を求める」時、解決が与えられます。
時に損をするような状況になっても
「主の願いを求める」なら、全てが上手くいくのです。

④もし「主を求めること」と
「問題の解決」の
どちらかを選びなさいと言われたならば、
「主を求めること」が優先とすべきです。

問題の解決のために
「主を求める」のではなく、

「主を求める」時に、
自然に結果として「問題が解決する」のです。

「問題解決に執着しすぎない」ようにしましょう。
この点を理解する時に「主の助け」を受けやすくなるのです。YccFuji








20150509

by Happiness-eachday | 2015-05-09 05:19 | 2015年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21773732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月10日Ⅱ歴代28-30章『...   5月8日Ⅱ歴代22‐24章『使... >>