人気ブログランキング |

5月8日Ⅱ歴代22‐24章『使命感を用いられる主』

懸賞 2015年 05月 08日 懸賞

『使命感を用いられる主』

【22:10 アハズヤの母アタルヤは、自分の子(アハズヤ)が死んだと知ると、ただちにユダの家に属する王の一族をことごとく滅ぼした。22:11 しかし、王の娘エホシェバが、殺される王の子たちの中から、アハズヤの子ヨアシュを盗み出し、彼とそのうばとを寝具をしまう小部屋に入れた。こうして、ヨラム王の娘、祭司エホヤダの妻、エホシェバは、──彼女がアハズヤの妹であったので──ヨアシュをアタルヤから隠した。アタルヤはこの子を殺さなかった。22:12 こうして、彼はこの人々とともに、神の宮に六年の間、身を隠していた。その間、アタルヤがこの国の王であった。】

①アハズヤが死ぬと、
その母アタルヤは、自分が王となるために一族を虐殺しました。

しかし祭司エホヤダとその妻は
「王の子ヨアシュ」をかくまい、
後の王としたのです(23章)。

②主は「人の正しいと思う判断」を用いられることがあります。

・・・私たちの行為を「主に用いて」頂きましょう。
大切なことは「自分の我を押し通すこと」ではありません。

祈りと状況の中で「これをしなければならない」
という使命感からくる行為が「用いられる」のです。
それは決して独りよがりではなく、
人々が賛同するものなのです。Yccfuji








20150508

by Happiness-eachday | 2015-05-08 05:11 | 2015年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21770826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月9日Ⅱ歴代誌25-27章『...   5月7日Ⅱ歴代19-21章『感... >>