人気ブログランキング |

4月5日Ⅱサムエル19-21章『主を信頼する者(ダビデ)に対する助け』

懸賞 2015年 04月 05日 懸賞

『主を信頼する者(ダビデ)に対する助け』

【19:1 そうこうするうちに、ヨアブに、「今、(ダビデ)王は泣いて、アブシャロムのために、喪に服しておられる」という報告がされた。19:2 それで、この日の勝利は、すべての民の嘆きとなった。この日、民が、王がその子のために悲しんでいる、ということを聞いたからである。19:3 民はその日、まるで戦場から逃げて恥じている民がこっそり帰るように、町にこっそり帰って来た。・・・
19:5 ヨアブは王の家に行き、王に言った。「・・・19:6 あなたは、あなたを憎む者を愛し、あなたを愛する者を憎まれるからです。あなたは、きょう、隊長たちも家来たちも、あなたにとっては取るに足りないことを明らかにされました。今、私は知りました。・・・19:7 それで今、立って外に行き、あなたの家来たちに、ねんごろに語ってください。私は【主】によって誓います。あなたが外においでにならなければ、今夜、だれひとりあなたのそばに、とどまらないでしょう。・・・」】

①ダビデに反逆したダビデの子アブシャロムは殺されました。
それを聞いて王は「感情的に取り乱して」しまったのです。

これは親の情からすれば「当然のこと」です。
しかし戦った兵の面目をつぶす行為でもあったのです。

②ヨアブの助言により、
ダビデ王は「ふさわしい行動」を取ることができました。

そして反逆したアブシャロムの将校アマサを、
自分の将軍にし、
イスラエルの人心をつかんだのです(14節)。

③ダビデは「情緒豊かな人」でした。
それがダビデの人間的魅力でした。
しかし主は「ヨアブのアドバイス」を用いて、
ダビデにふさわしい態度を取らせたのです。

・・・主は危ない時にも「守って下さるお方」です。
人生には綱渡りのような時があります。

しかし主を信じ、信頼する者には
(人間の策略や考えを越えた)「不思議な導き」があるのです。YccFuji










20150405

by Happiness-eachday | 2015-04-05 05:09 | 2015年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21684748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月6日Ⅱサムエル記22-24...   4月4日Ⅱサムエル16-18章... >>