3月26日Ⅰサムエル19-21章『愛に応えて生きる』

懸賞 2015年 03月 26日 懸賞

『愛に応えて生きる』

【20:12 ヨナタンはイスラエルの神、【主】に誓ってダビデに言った。「あすかあさってかの今ごろ、私は父(サウル王)の気持ちを探ってみます。ダビデに対して寛大であれば、必ず人をやって、あなたの耳に入れましょう。20:13 もし父が、あなたに害を加えようと思っているのに、それをあなたの耳に入れず、あなたを無事に逃がしてあげなかったなら、【主】がこのヨナタンを幾重にも罰せられるように。【主】が私の父とともにおられたように、あなたとともにおられますように。20:14 もし、私が生きながらえておれば、【主】の恵みを私に施してください。たとい、私が死ぬようなことがあっても、20:15 あなたの恵みをとこしえに私の家から断たないでください。【主】がダビデの敵を地の面からひとり残らず断ち滅ぼすときも。」20:16 こうしてヨナタンはダビデの家と契約を結んだ。】

①ヨナタンは、サウル王の息子であり、王位継承者であるにもかかわらず、
家来ダビデを愛し、自分のことのように大切にしました。

ダビデが王となれば、
自分が王にはなれないことを知りながらも、
ダビデを大切にしたのです。

②地上の生涯は、不自由な中で「いかに愛するか」というものです。
天国に帰ったならば、不自由さは無くなります。
しかし地上では苦しみを持ちながらでも、
愛を実行することが「尊い行為」なのです。

③イエス様は「不自由な立場」で「愛を実行したお方」です。
神である方が「人と同じ苦しみを体験した上で」
私たちを愛して下さったのです。

その愛を感じる時に「私たちの生活」は変わります。

④ヨナタンの愛にダビデは報いました。
(彼は約束を実行しました)

それでは、私たちに対する「イエス様の愛」に、
あなたは「どのように報いますか?」
またこの大きな愛を
「あなたはどれだけ理解していますか?」

これらの「答え」が「今生きていること」の「意味」でもあるのです。YccFuji







20150326
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-03-26 05:53 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21658529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月27日Ⅰサムエル22‐24...   3月25日Ⅰサムエル16-18... >>