3月9日ヨシュア記16-18章『他を求める前に、自分にできることをする』

懸賞 2015年 03月 09日 懸賞

『他を求める前に、自分にできることをする』

【17:14 ヨセフ族(エフライム部族とマナセ部族)はヨシュアに告げて言った。「【主】が今まで私を祝福されたので、私は数の多い民になりました。あなたはなぜ、私にただ一つのくじによる相続地、ただ一つの割り当て地しか分けてくださらなかったのですか。」17:15 ヨシュアは彼らに言った。「もしもあなたが数の多い民であるなら、ペリジ人やレファイム人の地の森に上って行って、そこを自分で切り開くがよい。エフライムの山地は、あなたには狭すぎるのだから。」
17:17 するとヨシュアは、ヨセフ家の者、エフライムとマナセにこう言った。「あなたは数の多い民で、大きな力を持っている。あなたは、ただ一つのくじによる割り当て地だけを持っていてはならない。17:18 山地もあなたのものとしなければならない。それが森であっても、切り開いて、その終わる所まで、あなたのものとしなければならない。カナン人は鉄の戦車を持っていて、強いのだから、あなたは彼らを追い払わなければならないのだ。」】

①ヨセフ族は、
エフライム部族とマナセ部族がそれぞれ広大な土地を持っているにもかかわらず、
自分たちの土地を増やしてほしいとヨシュアに申し出ました。

②ヨシュアはエフライム部族の出身ですが、
「力があるならば、まだ占領していない山地を占領すべきである」と切り返しました。
他の良いものを願う前に
「自分にできることをすべき」と伝えたのです。

・・・「隣の芝生は青い」と言うことわざがありますが、
「自分にできること」をしてから、
その上で「他を求める」べきです。

主はそのようにヨシュアを通じて導かれたのです。YccFuji







20150309
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-03-09 05:23 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21615510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月10日ヨシュア記19-21...   3月8日ヨシュア記13-15章... >>