人気ブログランキング |

3月4日ヨシュア記1-3章『人生の意義をつかんで生きる』

懸賞 2015年 03月 04日 懸賞

『人生の意義をつかんで生きる』

【1:1 さて、【主】のしもべモーセが死んで後、【主】はモーセの従者、ヌンの子ヨシュアに告げて仰せられた。1:2 「わたしのしもべモーセは死んだ。今、あなたとこのすべての民は立って、このヨルダン川を渡り、わたしがイスラエルの人々に与えようとしている地に行け。1:3 あなたがたが足の裏で踏む所はことごとく、わたしがモーセに約束したとおり、あなたがたに与えている。・・・
1:6 強くあれ。雄々しくあれ。わたしが彼らに与えるとその先祖たちに誓った地を、あなたは、この民に継がせなければならないからだ。1:7 ただ強く、雄々しくあって、わたしのしもべモーセがあなたに命じたすべての律法を守り行え。これを離れて右にも左にもそれてはならない。それは、あなたが行く所ではどこででも、あなたが栄えるためである。1:8 この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行うためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。・・・】

①主は、モーセの後継者として、ヨシュアをたて、
彼に語られました。
そして彼に、
主の言葉に立って毎日歩むようにと命じ、
得た土地を後継者に相続させるようにと、命じられたのです。

②私たちは、いつまでも生きることはできません。
いつかはバトンを次世代に託してこの世から去らなければなりません。

③生きている間、「主の命令を聞き続けること」が、
人生の最短距離であり、最も意義のある確実な生き方なのです。

・・・焦点を絞った生き方をしましょう。
私たちがこの世で成し遂げたいと考えている多くのことは
「一瞬で過ぎ去る類のもの」なのです。

・・・「永遠いのち」を考えて行動しましょう。
そして地上で与えられている祝福を「最大限」つかんでいくのです。

それはあなたの「人生の満足」のため、
「次世代の祝福」のためでもあるのです。YccFuji








20150304

by Happiness-eachday | 2015-03-04 05:47 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21602867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月5日ヨシュア記4-6章『主...   3月3日申命記31-34章『モ... >>