人気ブログランキング |

3月3日申命記31-34章『モーセの遺言~約束の地で祝福を受けるには~』

懸賞 2015年 03月 03日 懸賞

『モーセの遺言~約束の地で祝福を受けるには~』

【31:1 それから、モーセは行って、次のことばをイスラエルのすべての人々に告げて、31:2 言った。私は、きょう、百二十歳である。もう出入りができない。【主】は私に、「あなたは、このヨルダンを渡ることができない」と言われた。
31:7 ついでモーセはヨシュアを呼び寄せ、イスラエルのすべての人々の目の前で、彼に言った。「強くあれ。雄々しくあれ。【主】がこの民の先祖たちに与えると誓われた地に、彼らとともに入るのはあなたであり、それを彼らに受け継がせるのもあなたである。31:8 【主】ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。恐れてはならない。おののいてはならない。」31:9 モーセはこのみおしえを書きしるし、【主】の契約の箱を運ぶレビ族の祭司たちと、イスラエルのすべての長老たちとに、これを授けた。】

①モーセは、カナンに入る前、遺言としてこれらの言葉を語りました。
そして、定められた時に「律法を朗読させるため」書き記したものを与えたのです。

②律法は「守るべき教え」です。
聞き流すものではないのです。
しかしこれは「語り続けられること」によって人々の心と生活に浸透していくものなのです。

③カナンの地で、祝福を受け続けるためには、純粋な信仰が必要でした。
そのために、御言葉を聞き続け、ズレないように気を付ける必要があったのです。

・・・あなたは今荒野にいますか?
それとも約束の地に入っているのでしょうか?

どちらにいたとしても、主を絶えず心にお迎えし
「御言葉からズレない」生活をすることが大切です。

完全にはできないかもしれません。
しかし、主をいつも目の前に置いて歩むのならば、
必ず良い方向には向かえるのです。YccFuji







20150303

by Happiness-eachday | 2015-03-03 05:18 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21600590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月4日ヨシュア記1-3章『人...   3月2日申命記28-30章『祝... >>