人気ブログランキング |

2月23日申命記7-9章『荒野の訓練を覚える大切さ』

懸賞 2015年 02月 23日 懸賞

『荒野の訓練を覚える大切さ』

【8:2 あなたの神、【主】が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。8:3 それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は【主】の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。・・・】

①モーセは、荒野での全行程を覚えておくように、と語られました。
それは「荒野で私たちが不思議な方法で導かれたこと」を通じて、
人はパンだけで生きるのではなく
「主の口から出る言葉」によって生きるのだと、
学ぶためでした。

このことは経験を通じなければ
「わからない真理」です。

②また主は、約束の地に入った後、
「自分の力でこれらを成し遂げた」と誇らないようにと
「警告」を与えました(8:17)。

現実をしっかり見るならば
「主の力で富や栄誉を受けることができた」
が本当のことなのです。

・・・荒野の訓練を受け止めましょう。
荒野の訓練は「不足の中で主だけをより頼む訓練」です。

それを通過した人だけが、
どのような時でも(豊かでも貧しくても)
「ぶれない」信仰生活ができるようになるのです。YccFuji








20150223

by Happiness-eachday | 2015-02-23 05:55 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21578613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月24日申命記10‐12章『...   2月22日申命記4-6章『モー... >>