人気ブログランキング |

2月19日民数記31-33章『歴史を記録する意味、歴史から学ぶ意味』

懸賞 2015年 02月 19日 懸賞

『歴史を記録する意味、歴史から学ぶ意味』

【33:1 モーセとアロンの指導のもとに、その軍団ごとに、エジプトの地から出て来たイスラエル人の旅程は次のとおりである。33:2 モーセは【主】の命により、彼らの旅程の出発地点を書きしるした。その旅程は、出発地点によると次のとおりである。33:3 彼らは第一月、その月の十五日に、ラメセスから旅立った。すなわち過越のいけにえの翌日、イスラエル人は、全エジプトが見ている前を臆することなく出て行った。・・・
33:11 葦の海から旅立ってシンの荒野に宿営した。33:12 シンの荒野から旅立ってドフカに宿営し、33:13 ドフカから旅立ってアルシュに宿営し、33:14 アルシュから旅立ってレフィディムに宿営した。そこには民の飲む水がなかった。・・・
33:37 カデシュから旅立ってエドムの国の端にあるホル山に宿営した。33:38 祭司アロンは【主】の命令によってホル山に登り、そこで死んだ。それはイスラエル人がエジプトの国を出てから四十年目の第五月の一日であった。】

①主はモーセに、
それぞれの旅程の出発地点を書き記すように伝えました。
それを書き記すことにより、
主に導かれた旅路の全体を記録するためでした。

②それぞれの旅路は、
主の後に従う中で現わされたものです。

歩んだ時には必死で綱渡りのようであっても、
その一つ一つの旅路にドラマがあり、
悲しみや苦しみがそれぞれの中に込められていたのです。

③そして私たちは、
過去で経験した教訓を生かして、
未来につなげる必要があるのです。

・・・失敗は繰り返してはいけません。
過去の反省を未来に生かすのです。

それが「歴史を記録する意味」であり、
「歴史から学ぶ意味」でもあるのです。YccFuji







20150219

by Happiness-eachday | 2015-02-19 05:42 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21569057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月20日民数記34-36章『...   2月18日民数記28-30章『... >>