2月14日民数記16-18章『人間の罪深さ』

懸賞 2015年 02月 14日 懸賞

『人間の罪深さ』

【16:1 レビの子ケハテの子であるイツハルの子コラは、ルベンの子孫であるエリアブの子ダタンとアビラム、およびペレテの子オンと共謀して、16:2 会衆の上に立つ人たちで、会合で選び出された名のある者たち二百五十人のイスラエル人とともに、モーセに立ち向かった。16:3 彼らは集まって、モーセとアロンとに逆らい、彼らに言った。「あなたがたは分を越えている。全会衆残らず聖なるものであって、【主】がそのうちにおられるのに、なぜ、あなたがたは、【主】の集会の上に立つのか。」16:4 モーセはこれを聞いてひれ伏した。・・・】

①イスラエルの民は、40日のカナン偵察の不信仰によって、
40年間荒野で過ごすことを、主に命じられました。

②その中で、人々の不満がわきあがり、
レビ族のコラの子たちが、モーセとアロンに真っ向から反逆したのです。

③人間は、苦しみのはけ口を誰かにぶつけようとします。
コラの子と共謀した者たちは、
「自分の恵みを感謝し」、「罪を悔い改める」のではなく、
イライラを指導者に向け、
自分がリーダーシップを持ちたいと言ったのです。

④ここに罪があります。
指導者は神によって立てられているのに、
自分がその上に立っているかのように考え、
行動したのです。

これは「高慢の罪」です。

コラの子たちは
「割れた地面に生きたまま落ちる」という悲劇的な最期を遂げました。
そして反逆した250名の名士たちも
すべて「主の火」によって殺されたのです。

・・・能力があっても、反逆心は罪です。
主を試すことにつながる反逆心は大きな罪なのです。

コラの子たちを反面教師にしましょう。
人間は罪深いのです。YccFuji








20150214
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-02-14 10:33 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21556281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月15日民数記19-21章『...   2月13日民数記13-15章『... >>