人気ブログランキング |

1月28日出エジプト記31-33章『主の道を教えて頂いて歩む』

懸賞 2015年 01月 28日 懸賞

『主の道を教えて頂いて歩む』

【33:11 【主】は、人が自分の友と語るように、顔と顔とを合わせてモーセに語られた。モーセが宿営に帰ると、彼の従者でヌンの子ヨシュアという若者が幕屋を離れないでいた。
33:12 さて、モーセは【主】に申し上げた。「ご覧ください。あなたは私に、『この民を連れて上れ』と仰せになります。しかし、だれを私といっしょに遣わすかを知らせてくださいません。しかも、あなたご自身で、『わたしは、あなたを名ざして選び出した。あなたは特にわたしの心にかなっている』と仰せになりました。33:13 今、もしも、私があなたのお心にかなっているのでしたら、どうか、あなたの道を教えてください。そうすれば、私はあなたを知ることができ、あなたのお心にかなうようになれるでしょう。この国民があなたの民であることをお心に留めてください。」】

①モーセは特別に主と親しい関係を持っていました。
そして「あなたのお心にかなっているなら、あなたの道を教えて下さい」と主に訴えたのです。

②主と親しい関係があるということは、本音の祈りができるということです。
そして、私たちが「主の道」を歩むためには
「主に教えて頂かなければ」できないことなのです。

③私たちも、主に心から祈ると、主のお答えを頂くことができます。

・・・主との関係を深めましょう。
そして間違いがあれば、素直に主に謝罪しましょう。

「主と共に歩みたいのです」と主に叫ぶ人には、
主はその存在を明らかにして下さるのです(33:22)。YccFuji








20150128

by Happiness-eachday | 2015-01-28 00:01 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21510858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月29日出エジプト記34-3...   1月27日出エジプト記28-3... >>