人気ブログランキング |

1月23日出エジプト記16-18章『不足の中の訓練』

懸賞 2015年 01月 23日 懸賞

『不足の中の訓練』

【16:3 イスラエル人は彼らに言った。「エジプトの地で、肉なべのそばにすわり、パンを満ち足りるまで食べていたときに、私たちは【主】の手にかかって死んでいたらよかったのに。事実、あなたがたは、私たちをこの荒野に連れ出して、この全集団を飢え死にさせようとしているのです。」16:4 【主】はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。」】

①エジプトを脱出したイスラエルの民は、
荒野での生活に入ると、不足を呟き、モーセたちに訴えました。
しかも、その呟きはひどい言葉でした。

②主は、そんな彼らに「マナを与える」と約束されたのです。
しかしその目的は「主の教えに従って歩むかどうか」の訓練と試験のためだと言われたのです。

③私たちが荒野の厳しい状況に追い込まれる時、
主は不思議な方法で「必要を備えて」下さいます。
これは多くのクリスチャンが体験するところです。

しかしその目的は「主に従って歩むかどうか」
私たちの「信仰と行動」を育てるためなのです。

④ですから私たちは「荒野(苦しみの中)での恵み」を覚えなければなりません。
荒野を土台(スタート)とするならば、高慢にはなれません。
「恵み」は自分の力ではなく「主からのもの」と心に刻むことができるのです。

その心(謙遜)でいるならば、
どんなに祝福されても「道を外れること」は少なくなるのです。YccFuji








20150123

by Happiness-eachday | 2015-01-23 08:30 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21498000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月24日出エジプト19-21...   1月22日出エジプト記13-1... >>