人気ブログランキング |

1月22日出エジプト記13-15章『主に従う道』

懸賞 2015年 01月 22日 懸賞

『主に従う道』

【13:17 さて、パロがこの民を行かせたとき、神は、彼らを近道であるペリシテ人の国の道には導かれなかった。神はこう言われた。「民が戦いを見て、心が変わり、エジプトに引き返すといけない。」13:18 それで神はこの民を葦の海に沿う荒野の道に回らせた。イスラエル人は編隊を組み、エジプトの国から離れた。
13:21 【主】は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。13:22 昼はこの雲の柱、夜はこの火の柱が民の前から離れなかった。】

①主は、エジプトから神の民を救出されました。
しかし最短距離(数週間でエジプトに着くことができる道)を通させなかったのです。
主はあえて、回り道をさせました。

②主は「人間の心」をよく御存じです。
私たちが、すぐに心が変わり、自分本位で生きようとすることをご存じなので、
あえて「主に頼らなければ生きられない道」を進ませたのです。

③主は私たちに、「自分の力でできない」ように、
あえて「回り道をさせる」時があります。

④そのような道を通る時には、覚悟するしかありません。
乗り切るためには「主の導きを選ぶ」しかないのです。

進まなければ死んでしまうなら、
「自己中心の私たち」も進んでいけるのです。

覚悟して前進した結果、「約束の祝福」を得られるのです。
主の「愛の配慮」ともいえるのですYccFuji






20150122

by Happiness-eachday | 2015-01-22 05:01 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21494107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月23日出エジプト記16-1...   1月21日出エジプト記10‐1... >>