人気ブログランキング |

1月6日創世記16-18章『主から与えられる信仰』

懸賞 2015年 01月 06日 懸賞

『主から与えられる信仰』

【17:1 アブラムが九十九歳になったとき【主】はアブラムに現れ、こう仰せられた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み、全き者であれ。17:2 わたしは、わたしの契約を、わたしとあなたとの間に立てる。わたしは、あなたをおびただしくふやそう。」
17:17 アブラハムはひれ伏し、そして笑ったが、心の中で言った。「百歳の者に子どもが生まれようか。サラにしても、九十歳の女が子を産むことができようか。」17:18 そして、アブラハムは神に申し上げた。「どうかイシュマエルが、あなたの御前で生きながらえますように。」17:19 すると神は仰せられた。「いや、あなたの妻サラが、あなたに男の子を産むのだ。あなたはその子をイサクと名づけなさい。わたしは彼とわたしの契約を立て、それを彼の後の子孫のために永遠の契約とする。」】

①信仰の父、アブラハムも主から語られて、
信仰を深めていきました。

②99歳で主から子供が与えられることを聞いた時も、
信じられず、主に自分の意見を言いました。
しかし主はもう一度「妻サラ」から息子イザクが生まれると語られたのです。

②神様がなさることは「人間の理解を超えたこと」が多くあります。
信仰は、自分の意思や我の力では、持つことができません。
しかし主に「本音の祈り」をし、
主からの「答え」を頂く時に、信仰が深まるのです。

・・・私たちも神の御言葉を聞きましょう。
「本音の祈り」をし、「答え」を待ち望みましょう。

心が納得しなければ、
私たちは信じることも行動することもできないのです。

「表面的な祈り」ではなく、
体当たりで祈り、答えを受け取るのが
「本当の祈り」なのです。YccFuji









20150106 

by Happiness-eachday | 2015-01-06 05:25 | 2015年1‐3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21447004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月7日創世記19-21章『約...   1月5日創世記13-15章『主... >>