人気ブログランキング |

12月18日へブル7-9章『罪が赦される道』

懸賞 2014年 12月 18日 懸賞

『罪が赦される道』

【9:26 もしそうでなかったら、世の初めから幾度も苦難を受けなければならなかったでしょう。しかしキリストは、ただ一度、今の世の終わりに、ご自身をいけにえとして罪を取り除くために、来られたのです。9:27 そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、9:28 キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。】

①へブル人への手紙は、
イエス様の「祭司としての役割」を明確に記した書物です。

イエス様は「罪のないお方」なので、
全人類の罪を背負い、
「身代わりに」罪の罰(十字架)を受けられたのです。

②ですから,イエス様を信じた人は、
「罪が赦される」のです。
そして罪が赦された人が受けられる
「天国の約束」と「日々の神との交わり(祈りが聞かれる恵み)」
が与えられるのです。

③「イエス様の十字架の赦し」を感謝しましょう。
この方以外に「罪(原罪)が赦される道」は無いのです。YccFuji







20141218

by Happiness-eachday | 2014-12-18 01:10 | 2014年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21399558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月19日へブル10-13章...   12月17日ヘブル4-6章『イ... >>