人気ブログランキング |

12月14日テトス1-3章『罪の赦しと、心の聖め』

懸賞 2014年 12月 14日 懸賞

『罪の赦しと、心の聖め』

【テトス 2:14 キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。・・・
3:4 しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現れたとき、3:5 神は、私たちが行った義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。・・・】

①パウロは、テトスを励まし、クレテ教会を健全に育てようと願っていました。

②クレテ教会には、おかしな空想話や真理からそれた教えがありました。
パウロは「健全な教え」にふさわしいことを話すように、と強く勧めたのです。

③聖書に触れ続けることは大切です。
いくら信仰歴が長くても、
御言葉を読まず、自分なりの信仰を持ち続けるならば、
成長は遅くなってしまうのです。

④御言葉に触れ続けるならば、
「自分の力ではできない」と自覚します。

その時初めて
「イエス様助けて下さい」と叫ぶことができるのです。

その叫びを主が聞いて下さり、私たちは「変えられる」のです。

・・・イエス様が私たちを救うために犠牲になって下さった事を感謝しましょう。
救いは「罪の赦し」だけでなく、
「私たちの心の聖め」でもあるのです。YccFuji









20141214

by Happiness-eachday | 2014-12-14 05:41 | 2014年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21388853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月15日ピレモンの手紙『パ...   12月13日Ⅱテモテ1-4章『... >>