人気ブログランキング |

11月27日1コリント10‐12章『主に召され、人々に仕える』

懸賞 2014年 11月 27日 懸賞

『主に召され、人々に仕える』

【12:3 ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも、「イエスはのろわれよ」と言わず、また、聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です」と言うことはできません。・・・
12:12 ですから、ちょうど、からだが一つでも、それに多くの部分があり、からだの部分はたとい多くあっても、その全部が一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。
12:26 もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。12:27 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。・・・】

①パウロは、イエス様をキリストと信じるには
「御霊の助け」が必要であると知っていました。

②そして御霊によってイエスを信じたクリスチャンに、
「キリストの身体」として、互いに愛し合い協力し合うことが、
イエス様の願いであることを教えたのです。

③パウロは、別の箇所で
「人を自分より優れたものだと思いなさい」と言っています(ピリピ2:3)。

私たちは「人を支配するために」能力が与えられたのではなく、
「人に仕えるために」、与えられたのです(12:7)。

言葉に気を付けましょう。
感情に任せた「誤解を与える言葉」を避けましょう。

私たちは「傷つけるため」ではなく、
「建てあげるため」に能力が与えられたのです。YccFuji










20141127

by Happiness-eachday | 2014-11-27 05:27 | 2014年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21339193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月28日1コリント13-1...   11月26日1コリント7-9章... >>