人気ブログランキング |

11月19日ローマ1-3章『パウロが伝えたいキリスト』

懸賞 2014年 11月 19日 懸賞

『パウロが伝えたいキリスト』

【3:23 すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、3:24 ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。3:25 神は、キリスト・イエスを、その血による、また信仰による、なだめの供え物として、公にお示しになりました。それは、ご自身の義を現すためです。というのは、今までに犯されて来た罪を神の忍耐をもって見のがして来られたからです。
3:27 それでは、私たちの誇りはどこにあるのでしょうか。それはすでに取り除かれました。どういう原理によってでしょうか。行いの原理によってでしょうか。そうではなく、信仰の原理によってです。3:28 人が義と認められるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるというのが、私たちの考えです。】

①パウロは、クリスチャンを迫害し、地上から取り除こうと考えていた人物でした。
しかし神であるイエスに出会い、
「イエスがキリストであること」を知り、
クリスチャンになりました。

そして救いは「律法を守る行い」ではなく、
「キリストを信じる信仰」によって与えられることを知ったのです。

②人間がいくら良い行いをしても限界があります。
その限界を超えることができるのが
「キリストを信じる信仰」なのです。

パウロはこのことに自分の人生をかけました。

・・・あなたはこの素晴らしい知らせを信じましたか。
この恵みに入ることができた人は幸いです。
(天国の約束が与えられています)

しかしその人は「他の人にも伝える使命」も与えられているのです。
パウロはこのことに命をかけたのです。YccFuji









20141119

by Happiness-eachday | 2014-11-19 05:06 | 2014年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21313878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月20日ローマ4-6章『パ...   11月18日使徒25-28章『... >>