人気ブログランキング |

10月31日ルカ16-18章『不正な裁判官のたとえ』

懸賞 2014年 10月 31日 懸賞

『不正な裁判官のたとえ』

【18:4 彼は、しばらくは取り合わないでいたが、後には心ひそかに『私は神を恐れず人を人とも思わないが、18:5 どうも、このやもめは、うるさくてしかたがないから、この女のために裁判をしてやることにしよう。でないと、ひっきりなしにやって来てうるさくてしかたがない』と言った。」18:6 主は言われた。「不正な裁判官の言っていることを聞きなさい。18:7 まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。」】

①イエス様は、不正な裁判官のたとえを通じて、
私たちにいつも祈るべきことを教えて下さいました。

不正な裁判官でも、求め続けるならば、裁判をするように、
私たち神を信じる者が「夜昼呼び求める時」に、
天の父なる神は「正しい裁判」をして下さると、イエス様は語られたのです。

②すべてが動かないような時があります。
また一方的に攻撃される時もあるのです。

しかし天の父に求め続ける時に、
「正しい裁判」をして頂けるのです。

これがイエス様の言葉です。
私たちは信じるべきです。
そして祈るべきです。
そうすれば、主の正しい御手が下されるのです。YccFuji







20141031

by Happiness-eachday | 2014-10-31 09:23 | 2014年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21258694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月1日ルカ19-21章『罪...   10月30日ルカ13-15章『... >>