人気ブログランキング |

9月24日ホセア4-6章『口先だけではなく、真心から』

懸賞 2014年 09月 24日 懸賞

『口先だけではなく、真心から』

【6:4 エフライム(北イスラエル)よ。わたしはあなたに何をしようか。ユダ(南ユダ)よ。わたしはあなたに何をしようか。あなたがたの誠実は朝もやのようだ。朝早く消え去る露のようだ。6:5 それゆえ、わたしは預言者たちによって、彼らを切り倒し、わたしの口のことばで彼らを殺す。わたしのさばきは光のように現れる。6:6 わたしは誠実を喜ぶが、いけにえは喜ばない。全焼のいけにえより、むしろ神を知ることを喜ぶ。・・・】

①主は、形だけのいけにえを求めてはおられません。
主を知り、主の願いに生きることを求めておられるのです。

②主は、神を信じる民に
「あなたの言う誠実は、朝もやのようだ」と言われました。
なぜなら、主を知っているはずの民が
「口先では主に立ち返る」と言いながらも、
実際は「自分勝手な道に歩む」姿を、主はご覧になっていたからです。

③どうしたら「心から主のお従いすること」ができるのでしょうか?
それは主がこの場所で語られているように
「主のお考えを知る」ことから始まります。

自分勝手な解釈ではなく、
主が語られている「主のお考えを」そのまま受け止めていく時に、
私たちは取るべき行動を「心から」行うようになるのです。YccFuji








20140924

by Happiness-eachday | 2014-09-24 05:14 | 2014年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21141862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月25日ホセア7-10章『耕...   9月23日ホセア書1-3章『主... >>