人気ブログランキング |

9月10日エゼキエル22‐24章『預言者の使命と悲しみ』

懸賞 2014年 09月 10日 懸賞

『預言者の使命と悲しみ』

【24:15 次のような【主】のことばが私にあった。24:16 「人の子よ。見よ。わたしは一打ちで、あなたの愛する者を取り去る。嘆くな。泣くな。涙を流すな。24:17 声をたてずに悲しめ。死んだ者のために喪に服するな。頭に布を巻きつけ、足にサンダルをはけ。口ひげをおおってはならない。人々からのパンを食べてはならない。」24:18 その朝、私は民に語ったが、夕方、私の妻が死んだ。翌朝、私は命じられたとおりにした。・・・】

①エゼキエルは、主に反逆する民への語りかけのために、
妻を亡くしました。
エゼキエルは、自分の経験を通じて民に、
メッセージを語る使命が与えられていたのです。

このことは、誰もが受け止められることではありませんが、
エゼキエルは受け止め、主の命令通りに行動したのです。

②主に選ばれた者たちが、主の願いをする時、
「すべてが喜ばしいものではない」かもしれません。

しかし私たちを造り、私たちを愛しておられる【主】に対する『応答』として、
預言者は「主の願い通り」に実行していったのです。

・・・使命が与えられるとは
「時に悲しいことを通過すること」もあるのです。
創造主に応答するとは、
「自分の損得を越えて」応答しなければならない時もあるのです。

しかし、応答した者には必ず「報い」があることは、
忘れてはいけないのです。
「そのような者」によって聖書が描かれ、歴史が進んだのです。YccFuji









20140910

by Happiness-eachday | 2014-09-10 05:39 | 2014年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21096834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月11日エゼキエル25-27...   9月9日エゼキエル19-21章... >>