人気ブログランキング |

8月17日エレミヤ7-9章『主に近づく時に与えられる幸せ』

懸賞 2014年 08月 17日 懸賞

『主に近づく時に与えられる幸せ』

【8:4 あなたは、彼らに言え。【主】はこう仰せられる。「倒れたら、起き上がらないのだろうか。背信者となったら、悔い改めないのだろうか。8:5 なぜ、この民エルサレムは、背信者となり、背信を続けているのか。彼らは欺きにすがりつき、帰って来ようとしない。8:6 わたしは注意して聞いたが、彼らは正しくないことを語り、『私はなんということをしたのか』と言って、自分の悪行を悔いる者は、ひとりもいない。彼らはみな、戦いに突入する馬のように、自分の走路に走り去る。8:7 空のこうのとりも、自分の季節を知っており、山鳩、つばめ、つるも、自分の帰る時を守るのに、わたしの民は【主】の定めを知らない。」】

①私たちを造られた創造主は、
私たちが主だけを信じ、健康的に生きることを切に願っています。

しかし堕落した人間は、主ではないものを求め、
本来一番大切にしなければならないお方を無視し続けてしまうのです。

②無視することを当たり前と考えるならば、
信仰の成長は遅くなります。
主がどのような思いで、私たちを待っておられるのかを知るならば、
私たちは「主の願いに応えたい」という気持ちがわきあがるのです。

③聖書を通じて「主の心」を知りましょう。
主はあなたを愛し、あなたが主に立ち返ることを待っておられます。

④あなたにとって主に立ち返るとはどういうことですか?
その課題を一つでも二つでも実行していきましょう。
信仰生活は毎日の積み重ねなのです。YccFuji











20140817

by Happiness-eachday | 2014-08-17 05:36 | 2014年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/21012000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月18日エレミヤ10-12章...   8月16日エレミヤ4-6章『主... >>