人気ブログランキング |

7月18日伝道者の書1-3章『すべてのことに時がある』

懸賞 2014年 07月 18日 懸賞

『すべてのことに時がある』

【3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。・・・
3:11 神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。
3:13 また、人がみな、食べたり飲んだりし、すべての労苦の中にしあわせを見いだすこともまた神の賜物であることを。3:14 私は知った。神のなさることはみな永遠に変わらないことを。それに何かをつけ加えることも、それから何かを取り去ることもできない。神がこのことをされたのだ。人は神を恐れなければならない。】

①私たちが様々な努力をしても、
上手くいくときもあれば、難しい時もあります。
最低限の知恵は必要ですが、
しかし時が来ると、人間の弱さを超えて、物事が良い方向に進んでいくのです。
(これが今日の結論です)

②主は私たちにそのような「良い時」を準備してくださっているのです。
ですから祈りながら進んでいけば、
必ず勝利が与えられるのです。

大切なことは、平常心(平安なこころ)です。
これは創造主が良いことをしてくださるという信仰と、
セルフコントロール(パニックのボタンを押さない)、
事前の準備によるものが大きいのです。

・・・主は良いことを定めておられることを今日も受け取りましょう。
事前の準備をするために主からの知恵を頂きましょう。

人間側の準備ができていれば
(準備ができていなくても、あきらめずに進み続ければ)、
必ずゴールに入ることができるのです。YccFuji











20140718

by Happiness-eachday | 2014-07-18 08:36 | 2014年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20919115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月19日伝道者の書4-6章『...   7月17日箴言28-31章『口... >>