人気ブログランキング |

6月23日詩編83-86篇『ダビデの主を求める切なる祈り』

懸賞 2014年 06月 23日 懸賞

『ダビデの主を求める切なる祈り』

【 < 86 > ダビデの祈り86:1 【主】よ。あなたの耳を傾けて、私に答えてください。私は悩み、そして貧しいのです。86:2 私のたましいを守ってください。私は神を恐れる者です。わが神よ。どうかあなたに信頼するあなたのしもべを救ってください。86:3 主よ。私をあわれんでください。私は一日中あなたに呼ばわっていますから。86:4 あなたのしもべのたましいを喜ばせてください。主よ。私のたましいはあなたを仰いでいますから。】

①今朝もダビデの祈りです。
ダビデは主と深い関係を持っていた人物でした。

②主に祈る時、私たちはへりくだることから始まります。
実際に私たちは弱く主の前では子供のようであり、
悩みにあふれ、貧しいのです。

これはどんな立派な人物でも、主の前の立場は、同じなのです。

③ダビデは「一日中、主を呼んでいる」と告げています。
主を求める者は、主との関係が基礎なのです。

それは人に助けを求めるよりも、
先に主を求めるという、切なるものです。

なぜならダビデは
人の助けを期待できない辛いところを何度も通ったからです。

そのことによって、
人に頼る前に「主に頼る」という信仰の姿勢がつくられたのです。

私たちの祈りの訓練は「人生の苦しみを通じて深まり」ます。
ダビデの祈りを通じて、ここまで祈ることができるという基準を
私たちは学ぶことができるのです。YccFuji









20140623

by Happiness-eachday | 2014-06-23 04:32 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20836320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月24日詩編87-90篇『主...   6月22日詩編79‐82篇『あ... >>