人気ブログランキング |

5月17日ネヘミヤ4-6章『主の働きを進めるものへの妨害』

懸賞 2014年 05月 17日 懸賞

『主の働きを進めるものへの妨害』

【6:1 さて、私が城壁を建て直し、破れ口は残されていないということが、サヌバラテ、トビヤ、アラブ人ゲシェム、その他の私たちの敵に聞こえると、──その時まで、私はまだ、門にとびらを取りつけていなかった──6:2 サヌバラテとゲシェムは私のところに使いをよこして言った。「さあ、オノの平地にある村の一つで会見しよう。」彼らは私に害を加えようとたくらんでいたのである。・・・
6:15 こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。6:16 私たちの敵がみな、これを聞いたとき、私たちの回りの諸国民はみな恐れ、大いに面目を失った。この工事が、私たちの神によってなされたことを知ったからである。】

①ネヘミヤは、城壁の修復が神の御心であると確信し、
働きを始めました。
すると多くの妨害があり、それは身内からも非難を受けたのです(5章)。
ネヘミヤは、それでも知恵を尽くして問題を解決し、
再建をさらに進めたのです。

②すると今度は、ネヘミヤが脅迫されました。
しかし主に知恵で逃げずに対処をする中で、
城壁は短期間のうちに無事に完成したのです。

・・・主の働きを進める時に、様々な問題が起きます。
しかしそれでくじけてはいけないのです。
問題を乗り越えて、初めて城壁が完成したのです。

問題から逃げてはいけません。
神に従い、信仰によって悪に立ち向かう中で、主の計画が実現していくのです。YccFuji











20140517

by Happiness-eachday | 2014-05-17 05:52 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20713096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月18日ネヘミヤ記7-9章『...   5月16日ネヘミヤ1-3章『城... >>