人気ブログランキング |

5月9日Ⅱ歴代25-27章『心から礼拝を捧げる大切さ』

懸賞 2014年 05月 09日 懸賞

『心から礼拝を捧げる大切さ』

【26:1 ユダの民はみな、当時十六歳であったウジヤを立てて、その父アマツヤの代わりに王とした。
26:4 彼はすべて父アマツヤが行ったとおりに、【主】の目にかなうことを行った。26:5 彼は神を認めることを教えたゼカリヤの存命中は、神を求めた。彼が【主】を求めていた間、神は彼を栄えさせた。
26:16 しかし、彼が強くなると、彼の心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は彼の神、【主】に対して不信の罪を犯した。彼は香の壇の上で香をたこうとして【主】の神殿に入った。】

①今日の箇所も、昨日と同じテーマです。
「それは形だけで礼拝をしていると、いつかは高慢になり、おかしな方向に向かっていく」という内容です。

②私たちの礼拝は、「心から」のものであり、
どれだけ権力を得る立場になったとしても、
「それを与えたお方が主である」という事実を受け止め続けるならば、
ますます主を礼拝するはずです。

③しかしアドバイザーがいなくなり、自分ですべてできるような気分になると、
人は神に反逆してしまうのです。

④現代では、教会生活が非常に重要になります。
そこで定期的に教えられることが大切なのです。

「真実な礼拝」を捧げることを求め続けましょう。
定期的に主の前でへりくだる体験は、私たちが重大なミスをしないための、安全策なのです。YccFuji











20140509

by Happiness-eachday | 2014-05-09 01:46 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20685694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月10日Ⅱ歴代28-30章『...   5月8日Ⅱ歴代22-24章『真... >>